作業効率の落ちる食事を避けよう|スリーク・トライブ
PC一台で叶う、
自由で欲張りなライフスタイル
コンディション

作業効率の落ちる食事を避けよう

ストイックになりすぎなくても良いと思いますが、
食事にも少し気をつけることで、実は生産性はアップします。

やっぱり体は食べたもので作られていますから、それに少し気をつければそれだけパフォーマンスの高い状態を手に入れることができます。人ってついつい意志の力で頑張ろうとしがちですが、こういう部分に気をつけていれば自然とパフォーマンスはアップします。

ではどんなことに気をつければいいのか?
という話なのですが、まずはジャンクフードを控えめにするということ。

たまにならいいですが、食事が面倒だからといって
毎日コンビニ弁当ばかり食べているとやっぱり体のエネルギーが弱っていきがちです。

家で作った健康的な食事や、外食でも食材に気を使っているお店に行くなど、
体が喜ぶ食事を意識して行くようにしましょう。

また、食事の際は食べ過ぎず、腹8分目まででストップするようにしましょう。
これもたまにお腹いっぱいまでたらふく食べるのはいいですが、あくまでもたまにのご褒美にしておくようにしましょう。

お腹パンパンになるまで食べると、体のエネルギーのほとんどが消化をするために使われてしまいます。食後に眠くなる現象がありますが、あれは消化にエネルギーが取られすぎているからなんですね。

なので、満腹の手前で食事を切り上げることで、食後でも眠くならずにバリバリ作業を進めることができます。

あとは、炭水化物を必要以上に摂りすぎないというのもポイントです。完全にカットするのはお勧めしませんが、逆に摂りすぎると体や頭の働きが重くなり、はかどらなくなりやすいです。

試しに炭水化物を減らしてみると食後でも体や頭が重くなりにくいことに気づくはずです。

これらは、何かを絶対禁止しろ!という話ではありません。
それぞれをこれまでよりも控えめにするだけです。
それでより元気になるし、より生産性もアップするので、是非お試しあれ!


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
こんにちは、辻ともあきです。 大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログ・メルマガ・SNSなどWEBメディアを駆使して「買いたいです!」という人が自動で集まる”魔法のファン集客”をクライアントにお伝えしています。 普段は趣味のカフェ巡りをしたり、大好きなゲームをして過ごしたり、自分の好きな人との時間ややりたい事をのびのびと楽しむライフスタイルを過ごしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)