結果の出るメールマガジンの構成|スリーク・トライブ
PC一台で叶う、
自由で欲張りなライフスタイル
マーケティング

結果の出るメールマガジンの構成

メルマガの構成で気をつけるべき最大のポイントがあります。
それは、メルマガは友人に送るメールのように書くということです。

従来のメルマガはなんとなく読者との距離感があったり、
ゴテゴテと記号やリンクが多かったり、
毎回冒頭に部数が書いてあったりしました。

しかし、今はこういうスタイルだと反応は落ちるのです。

なので、メルマガはあくまでも友人個人に向けて
書くように意識して書くようにしましょう。

友人に語りかけるような、距離の近い雰囲気で、
リンクもたくさん出すのではなく1個か2個まで。

「みなさん」に配信するのではなく、
「友人に個人的にメールを送る」ということを意識してみましょう。

メルマガでの言葉の使い方

なおかつ、メルマガは
わかりやすくサクッと読める
ということを意識して書きましょう。

具体的には、次の3つの文字配列を意識します。

メールマガジンで文章を書くときは
1. 「1行あたりの文字数を控えめにする」
2. 「1つの文章のまとまりごとに行間をあける」
3. 「要所要所で行間を広めにあける」
と言う3点に注意しましょう。

僕の場合ですが、1行あたりの文字数は30~40字程度です。
さらにその1行が3~5つくらいが一つのまとまりになっています。
 
こんな感じですね。

さらに、そのまとまりごとに3行程度の行間を設けています。

と、言う感じですね。

メールマガジンで詰めて文章を書くと窮屈になり、とても読みづらくなってしまいます。

「1コンテンツ1メッセージ」でもお伝えしましたが、
読者は読みづらいものを頑張って読んでくれるような事はしません。

あわせて読みたい
「1メール1メッセージ」の原則と、その原則を守れる実際の記事の作り方メルマガの内容は、1メール1メッセージを徹底するようにしましょう。1メール1メッセージとはどういう事かと言うと、『1通のメールで伝えるメ...

読みづらかったら削除されて、おしまいです。 なので、この点に注意しながらメールを書いてみましょう。 始めは時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると無意識で出来るようになります。

これらを意識しながらメールマガジンを作っていくことで、読みやすく、伝わりやすいメールマガジンを書く事が出来ます。


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)