「1メール1メッセージ」の原則と、その原則を守れる実際の記事の作り方|スリーク・トライブ
PC一台で叶う、
自由で欲張りなライフスタイル
コピーライティング

「1メール1メッセージ」の原則と、その原則を守れる実際の記事の作り方

メルマガの内容は、1メール1メッセージを徹底するようにしましょう。1メール1メッセージとはどういう事かと言うと、『1通のメールで伝えるメッセージは1つだけ』という意味です。

逆に、1通のメールの中で複数のことを伝えようとするのは基本的にNGです。例えば、1つのメールの中でAとBと、あと商品のセールスを…みたいな感じですね。

なぜ1メール1メッセージの原則が大事なのか?

なぜこれがNGかと言うと、読者さんが混乱するからです。あなたも、一度にいろんなことを言われると「とりあえず一番大事なことだけに絞ってくれ!」とか思ったりしますよね?それと同じことが起こってしまうのです。

そして、たいていの読者さんは混乱した状態でもどうにか頑張ってメールを読む…なんて事はしてくれません。ほとんどの場合、混乱してしまった読者さんはそのままメールを閉じたり削除したりしてしまいます。

なので、メルマガは出来るだけ読者さんが混乱せずスムーズに文章を理解できるような構造にしておくべきです。 そしてそのために必要なのが『1メール1メッセージ』と言うルールなわけです。


具体的な取り組み方

では具体的にはどう取り組めばいいのかと言うと、「メルマガを実際に書き始める前に、最終的に伝えたいメッセージを一つ決める」ようにします。

そして、この結論に結び付けるように本文を書いていきます。そうすれば書き始める時点で既にゴールが決まっている状態になるので、あとはそれに向かって一直線に文章を書いていけばいいだけです。こうする事で、伝えたいことが複数個になったり、話が必要以上に脇道に逸れたりする事態を防げます。

この事を意識しているかどうかでメッセージの伝わり具合が全然違うものになります。 慣れてくればそこまで意識しなくても自然にできるようになっていきますが、慣れるまではこの方法で取り組んでいくといいですよ!


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
こんにちは、辻ともあきです。 大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログ・メルマガ・SNSなどWEBメディアを駆使して「買いたいです!」という人が自動で集まる”魔法のファン集客”をクライアントにお伝えしています。 普段は趣味のカフェ巡りをしたり、大好きなゲームをして過ごしたり、自分の好きな人との時間ややりたい事をのびのびと楽しむライフスタイルを過ごしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)