マーケティング

世界的にも主流になっている、洗練された効果的な動画スライドの作り方

WEBセミナー形式の動画を作る場合、スライドを作ることが必須です。
では、視聴者に伝わりやすいスライドを作るためにはどうすればいいか?
今回はそれについて解説をして行きます。

動画解説

シンプル&ビジュアル

スライドは大きく分けて2つの要素で構成されています。
それが「シンプルなテキスト」と「ビジュアル(画像)」です。

ではそれぞれ具体的にどんなことに気をつけて
スライドを作成して毛行けばいいでしょうか?

シンプルなテキスト

スライド上の文章は、文章で長々と説明するのではなく、
「単語の箇条書き」くらい簡潔に書くようにしましょう。

削ぎ落として、要点となるキーワードだけを書くくらいが理想です。
詳しい解説は、それに合わせてトークで行なっていきます。

ビジュアル(画像)

また、そのテキストやトークのイメージにあった画像を
スライドに貼り付けるようにしましょう。

こうすることで、聞いている側がよりイメージしやすくなります。

画像は画像素材サイトから手に入れたり、
必要に応じて自分のPC画面をキャプチャしたりします。

また、こちらの参考記事もよければご覧ください。

あわせて読みたい
動画やブログに使える、クオリティの高い画像素材を手に入れる方法ネットビジネスではあなたが発信するコンテンツが重要な役割を果たします。 なぜなら読者はそのコンテンツを見てあなたのことをすごいと思ったり...

世界でも主流

Googleなどが行うプレゼンテーションでも、
テキストはより少なく、ビジュアルで訴えかける、
といったスライドの構造が今は主流になってきています。

この2つを意識することで洗練された
スライドを作ることができるようになるので、
ぜひ意識してみてください!






ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)