インプット・学習

QuickTimePlayerで動画や音声を倍速再生する方法

Macは、デフォルトで動画や音声を倍速で再生する機能が付いています。具体的には、最初からインストールされているQuickTimePlayerというアプリを使うことで実現できます。

音声や動画での学習をする上で、倍速再生を活用するのはとても重要です。ただそのまま再生するより素早くインプットできますし、工夫次第では2倍どころではなく3倍4倍といった効率でインプットすることも可能になるためです。

では、早速倍速再生をする方法を見ていきましょう。

まずは、Macで動画を倍速再生する方法を説明します。

  1. QuickTimePlayerを起動します。通常は「アプリケーション」の中にあります。
    001
  2. 動画ファイルを開きます。
    101
  3. 「早送りボタン」をクリックするたびに、2倍速、5倍速、10倍、30倍、60倍と再生速度が変化します。
    102
  4. キーボードの「option」を押しながら「早送りボタン」をクリックすると、1.1倍、1.2倍と細かく再生速度を設定できます。
    103

では次に、Macで音声を倍速再生する方法を説明します。

  1. QuickTimePlayerを起動します。通常は「アプリケーション」の中にあります。
    001
  2. 音声ファイルを開きます。
    002
  3. 「早送りボタン」をクリックするたびに、2倍速、5倍速、10倍、30倍、60倍と再生速度が変化します。
    003
  4. キーボードの「option」を押しながら「早送りボタン」をクリックすると、1.1倍、1.2倍と細かく再生速度を設定できます。
    004

と、こんな感じであっさり解説は終わってしまいましたが、それくらいとっても簡単なので、Macを使っている人は是非活用してほしい機能ですね。


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)