オンライン起業で失敗する人のほとんどがやっている間違ったビジネスモデルのつくりかた(&正しいモデルの作り方)|スリーク・トライブ
PC一台で叶う、
自由で欲張りなライフスタイル
集客・アクセスアップ

オンライン起業で失敗する人のほとんどがやっている間違ったビジネスモデルのつくりかた(&正しいモデルの作り方)

こんにちは!辻です。
>>辻の詳しいプロフィール

僕は普段WEBで起業したい、集客したいという個人起業家の方にアドバイスさせていただくことが多いです。

なので既に自分のビジネスをスタートしている方からの相談を受けることも多いのですが、うまくいっていない人にはある共通点が多いということがわかりました。

ひとり起業や集客でうまくいかない人の共通点

その共通点とは…「ビジネスモデル自体がそもそも間違っている」というものです。

つまり土台の部分が既に間違っているので、どれだけそこで頑張っても成果が上がらない…という状態になっているわけですね。そしてその時点では本人はビジネスモデルに問題があるとは思っていません。

だから何がおかしいのかがわからないまま頑張って、でも結果は出ない…という辛い状況になってしまうんですね。

なので僕がその部分をアドバイスさせていただいて、ビジネスを根本から一緒に作り替えることでうまく成果が上がるようになります。

間違ったビジネスモデルの正体

では具体的には間違ったビジネスモデルとはどういうものなのか?

それは「安い商品ばかり売ろうとしている」というものです。例えば数千円とか1万円くらいの商品をたくさん販売して、それで稼いでいこうというようなものです。

これって初心者ほど陥りがちなポイントなんですよね。

「自分は初心者だから安い金額から始めよう」というのは、確かにそれっぽいように思えます。”安い商品→簡単 / 高い商品→難しい”というイメージってなんとなくありますもんね。

しかし実際には逆で、初心者にとっては安い商品の方が難しいのです。なぜなら初心者であればあるほど集客力が弱いからです。

「どういうこと?」と思う人もいるかもしれないので、解説します。ここが一番大事なところです。

初心者ほど低単価商品を売るべきではない理由

まず安い商品、例えば5000円の商品・サービスを販売する場合、月に100万円稼ごうと思うといくつ売る必要があるでしょうか?

100万÷5000=200…ということで200人ですね。200人に売るとなると毎日6~7人に販売する必要があります。

しかし、ここで冷静に考えてほしいのですが、初心者にとっては商品を売るどころかメルマガやLINEの読者を毎日6~7人増やすことすらとても難しい話です。(やったことある人なら首を縦にブンブン振るはずです 笑)

なぜなら、初心者であるほど持っているメディアの規模も小さいし、広告などを使おうとしてもリソースも少ないし、自分のブランドもまだ育っていないから反応も低い。要は集客力が低いわけですね。

つまり、ここにまず大きな矛盾が存在するわけなんですね。

低価格商品だからたくさん売る必要がある。
でも初心者だから集客力が低い。という感じです。

じゃあそのような矛盾を抱えた初心者は次に何をしてしまうのか?
この次にやることが多くの人が陥る罠であり、地獄への入り口になります。

「もっと頑張る!」が地獄への入り口

地獄への入り口、それは「もっと頑張ろう!」と考えてしまうことです。

低単価商品だからいっぱい売らなきゃいけない。でも集客力が低い。だからもっと頑張る!これが本格的にうまくいかない状態に突っ込んでしまう流れです。

では、なぜ集客をもっと頑張ろうとすることがそんなに悪いことなのか?
それはそうした時点で自転車操業のようなビジネスになってしまうためです。

インターネット上を見ていると、集客のために忙しすぎる状況になってる人を見かけることがあります。

毎日ブログを更新して、YouTubeを更新して、Twitterで1日何度も何度も呟き、Facebookにも長文のコラムを投稿して、Instagramにも投稿をし、最近はTikTokやリール動画もいいと聞くからそれもやり始めて…みたいな。

これ全部自分がやりたくて好きで好きでたまらないからやってるというのであればいいかもしれません。しかし実情はそうではありません。

ではなぜそんなハードすぎることをやり続けているのか?それはやめた途端に集客が途絶え、ビジネスが崩壊してしまうからです。

「その問題を生み出した思考レベルで、その問題を解決することはできない」

アインシュタインが残した言葉に「その問題を生み出した思考レベルで、その問題を解決することはできない」というものがあります。これは例えば、集客の問題を解決したいとき、集客について考えても解決できないということです。

集客について解決したいならもう一段階前(場合によっては二段階、三段階前)のレベルから俯瞰をして物事を捉える必要があります。では集客のもう一段階前のレベルとは何か?それはビジネスモデルです。

なのでこの問題を解決しようとすると、こうなります。

×集客力が低いから、
もっと集客を頑張ろう!

集客力が低いから、
それでも儲かるビジネスモデルにしよう

まとめるとこんな感じです。発想の転換とも言えますね。

集客力が低くても利益を出すには

じゃあ「集客力が低くてもしっかり稼げるビジネスモデルって何?」と言う疑問が浮かびますが、この答えは簡単です。

ズバリ高単価商品を販売すると言うことです。
例えばそれ一本売れるだけで生活もビジネスも成り立つくらいの。

こういうと初心者の人ほど「そんな高単価の商品は作れないです!」とか「高単価の商品は売るのが難しそうです」と言う人もいますが、それは正しいやり方を知らないだけです。

実際僕のクライアントさんはビジネス立ち上げから高単価商品をつくり、初月からバンバン売ってすぐに月収100万円をクリアしています。

なので正しいやり方を知ることが非常に大事になってきますね!

では初心者でも高単価商品を作り出すにはどうすればいいのか?そしてそれを少ないアクセスでもしっかり売るにはどうすればいいのか?

僕が運営している魔法のファン集客コミュニティでは、高単価の商品を主力にしてビジネスを構築していくためにはどうすればいいのか?ということについてもお伝えしています。

この記事の下のリンクから無料で参加できます。
あなたの参加を楽しみにしておりますね。

それでは!


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
こんにちは、辻ともあきです。 大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログ・メルマガ・SNSなどWEBメディアを駆使して「買いたいです!」という人が自動で集まる”魔法のファン集客”をクライアントにお伝えしています。 普段は趣味のカフェ巡りをしたり、大好きなゲームをして過ごしたり、自分の好きな人との時間ややりたい事をのびのびと楽しむライフスタイルを過ごしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)