仕組みに働かせて、
自由を楽しむライフスタイル。
マーケティング

not provided問題解消法。Googleアナリティクスでの検索キーワードが分からなくなってしまう問題の解決方法とは?

Googleアナリティクスは無料で使える高性能アクセス解析ツールです。ネットビジネスをやるなら使っていて当たり前、くらいの重要なツールになってくるのですが、1つだけこのツールには大きな問題があります。それが…

not provided問題

です。Googleアナリティクスの管理画面内で、自分のブログやサイトはどのようなキーワードで検索されているのか?を調べようとすると、検索経由できたアクセスの大半が「not provided」と表示されています。割合的には8割とか9割とか。

事実上、これのせいでどんなキーワードで検索されているのか?がほとんどわからない状況です。

not providedとは何か?

Googleは検索ユーザーのプライバシーを守るためにSSLという仕組みを使って通信を暗号化しています。これのせいで検索キーワードが表示されなくなり、どのキーワードでアクセスされているかの把握が非常に渦かしくなってしまいました。

検索キーワードは自分のブログやサイトを改善・強化していく上で非常に重要な情報です。それがわからないというのは自分のメディアを育てていく上で大きなハンデになってしまうわけなんですね。

not providedを解決する方法

これに関してはGoogleの方にも極めて多くの要望が届いていたようで、新しい機能が搭載されました。それが「検索アナリティクス」です。

これは、GoogleのSearch Consoleにアクセスすることで利用することができます。では、GoogleのSearch Consoleを使ってnot providedのキーワードを確認する方法をご紹介します。

GoogleのSearch Consoleでnot providedのキーワードを確認する

Search Consoleにアクセスしたら、左のメニューバーより「検索トラフィック」を選択し、その中から「検索アナリティクス」を選択します。これで、どのキーワードでどれだけアクセスされているかの情報が手に入ります。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-28_10_19_17
画面上部にある表示回数や掲載順位などのチェックボックスをクリックして印を入れると、俺らの情報も一緒に表示されますので、さらに詳細なデータを見たいときはやってみましょう。


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)