マーケティング

メルマガでセールスを行なっても良い頻度とは?

メールマガジンで商品を売るためには、メールマガジン内で売り込みを行う必要があります。 しかし、相手からすると毎回毎回売り込みをかけられると言うのは気分の良いものではありません。

実際、売り込みばかりのメールマガジンと言うのはどんどん反応率が下がっていきますし、読まれなくなりますし、配信解除されてしまいます。

生き残る側のメルマガになるために。

少しイメージしてみてください。
お客さんはメールボックスにどっさり届いたメールマガジンを見て「削除する」か「読む」かを一瞬で決めます。

削除すると判断されたらクリック1つでアウトです。 よって、あなたのメールマガジンは生き残るメルマガにならなければなりません。


正しいセールスの頻度

ではどうすればいいのか?と言うと非常にシンプルで、コンテンツを届ける回と、セールスを行う回を「同じくらいの頻度」で配信していきます。

コンテンツを提供したらセールス、セールスを提供したらコンテンツ、という具合です。つまり、1コンテンツ1セールスを意識すると言う事です。

そしてこの時反応が悪いようならコンテンツの比率を増やし、セールスの回数を少し抑えます。

セールスばかりでは信頼残高は下がる

多くの人は、読者数がある程度集まるまではコンテンツを精力的に送りますが、集まったら全てのメールをセールスに結び付けようとします。これが原因で精読率は落ち続けていくわけです。

やっぱり売込みばかりされると、読者はその人に対してがっかりしたり、うざいという感情を持ったりしますからね。これはあなたが読者の立場の場合でも同じだと思います。

重要なのは、目先の利益にばかり飛びつかないで、読者との信頼残高を増やしていくというのを意識すること。そして、そのために1コンテンツ 1セールスを意識してメルマガを発行していくのは効果的です。

こうする事によって、ただの売り込みではない、価値のあるメールマガジンとしての位置づけを維持する事が出来ルノで、是非お試しあれ!






ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)