ブランディング

書きっぱなしはNG!過去の記事を加筆修正する3つのメリット

ブログの記事というのは書いたら書きっぱなしにしてしまいがちなものですが、公開後も時々読み返すことでメリットがあります。

最初は誰でもブログを書くのが上手ではないものです。ですので、しばらくしてから過去の記事を振り返ると伝えたいことがうまく伝えられていなかったり、分かりにくい見た目になっていたり、誤字脱字が目立っていたり、というようなことがあります。

書いたその時は気づかないのですが、ブログを続けて自分のレベルが上がることによって気づくようになっていくのです。

自分にも読者にもメリットがある「過去記事の振り返り」

まず第一に、時々それらを見返して修正することは自分自身のスキルアップになります。

また、ブログは昔に書いた記事にもアクセスされやすいので、そういった取り組みを行うことはこれから訪れてくれるであろう新規読者のためにもなります。

そして新規読者のためになるということは、最終的にはあなたのためにもなるということですよね。ですので、こういった取り組みは一見地味ですが十分にやる価値のある事だったりします。

また、記事によっては内容そのものが古くなっていたりする場合もあります。そういう記事に読者がアクセスした場合、自分のブログの印象は悪くなってしまう可能性があります。(書いた当時は古くない内容で、あなたが一所懸命書いていたとしても!)

そういう時に、記事の内容を今に対応する形に加筆修正することで、その記事にアクセスした人に悪い印象を持たせることを回避することができます。もっと言えば、「昔の記事もきちんと手入れしているんだな」と良い印象を持ってもらうこともできるでしょう。

また、別の効能として、以前の記事を見返すことで当時の自分の考え方に触れたり、いつの間にか忘れていたネタやテーマを思い出すことができます。こういった情報は自分にとっては新鮮に感じやすく、新しいアイデアや閃きにつながる事も少なくありません。

このように、過去の記事を振り返ることには自身のスキルアップ、読者への配慮、自分への刺激など色々な意味でメリットがあるので時々やってみるといいですよ。

なお、記事を修正する場合は修正した部分がどこなのか書いておいたり、いつ修正したのかという更新日時が分かるようにしてくとより親切です。特に更新日時は明記しておくことで「活発に活動しているブログなんだな」という印象を相手に与えやすくなります。






ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

POSTED COMMENT

  1. 名無し より:

    この記事も読み返した方がいいのでは?

    「公開後も時々読み返すことでメリットがあります。」

    ちょっと文章がおかしいと思います。

    これは例えば

    →公開後も時々読み返すことでメリットが生まれます

    または

    →公開後も時々読み返すことにメリットがあります。

    とすべきではありませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)