お金も心も満たされながら
自由を楽しむシンプルライフ
TIPS・小ワザ

「キリのいいところまでやって休む」が間違いである理由

仕事にせよそれ以外のタスクにせよ、たいていの場合その間に休憩を挟むかと思います。
しかし、実はこの休憩の取り方によって全体の効率が大きく変わる事はそこまで知られていません。

では、どのように休憩を挟めばいいのかというと、それは「キリのいいところまでやって休む」事をしないようにするというものです。

普通は、キリのいいところまでやってしまってそれから休憩と考えてしまいがちですが、
実はこれは逆効果で、中途半端なところで休憩に入った方が全体で見れば効率的になります。

なぜかというと、途中で仕事お中断して休憩に入ると、無意識でも脳はその仕事について考えているからです。
この状態になると、休憩中も脳は自動で続きはどう取り組み始めていくのがいいか?という事を考えてくれます。
また、自分でも途中である事がわかっているため、休憩終わりに「仕事に戻りたくない」ではなく「早く仕事に戻りたい」という心境になります。

人は中途半端な状況を解消したいという欲求を持っているので、これを逆手にとって利用するというわけですね。
この方を区を上手に利用する事でしっかり休みつつもハイスピードで物事を進めていく事ができます。


仕組みに働かせて自由を楽しむライフスタイルの作り方



ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)