マーケティング

訪問者を圧倒する大規模コンテンツを作る手順

このブログやメールマガジンでは
ネットビジネスで成功するには良いコンテンツを作ることが大切だ
というような話をよくしています。

そして、長く支持される良いコンテンツを作るためには
コンテンツの質も重要ですが、そのボリュームが重要視されることも少なくありません。

実は難しくない、大型コンテンツ作成

ただ、ボリュームのあるコンテンツを作る事に苦手意識を持っている人はかなり多いです。

そういう人の多くは、参考のためにと他の人のボリュームあるコンテンツを見て、
「自分にはここまで出来ないぞ」と圧倒されてしまうというケースに陥ってしまっています。

しかし、実はボリュームあるコンテンツを作ることはそこまで難しくありません。
もちろん、ボリュームを持たせるわけですからある程度の面倒さはありますが、
難しいかというと必ずしもそうではありません。

また、正しい方法さえ知っておけば一番良い効率で
コンテンツ作成を進めていくことができ、思いの外早く出来上がっていきます。

手順を知ってしまえば一気に簡単になる

では、ボリュームあるコンテンツを作ろうとする場合は
どのように作っていくのが正しいやり方なのか?

その答えは「一口サイズに分解してから一口ずつやっていく」というものです。

つまり、一番最初の段階で完成までにやるべきことを明確にしておくのです。
これをやるだけで、ボリュームあるコンテンツを作ることの効率は大きく上がります。

大型コンテンツ作成で必ずやるべき2つの事

具体的には、目次を決めるという作業を一番最初に行います。

0からなんとなく書き始めるのではなく、
最初に明確に目次(=あなたにとっての書くことリスト)を作るのです。

そして、可能な範囲で各項目に割くページ数(もしくは文字数)を決めます。

この2つを決めることで、完成系のボリュームが具体的にイメージできます。

具体的にイメージできるので具体的に何をすればいいのかもわかりますし、
具体的に何をすればいいかがわかるので具体的なスケジュールも組めます。

そして具体的なスケジュールが組めるので、
計画的に狙ったペースでコンテンツを作り上げていくことができるというわけです。

このように、最初の時点でやるべきことがはっきりしてさえいれば
ボリュームのあるコンテンツを作ることは難しくありません。

この「ボリュームのある良質なコンテンツを作る」という取り組みは
ほとんどの人が面倒がったり苦手意識を持ってやらない事なので、
あなたがやればそれだけで成功に大きく近づくことが可能です。

ぜひチャレンジしてみてください。

ps
なお、より詳しく知りたい方はこちらもオススメです。






関連記事

  1. マーケティング

    あなたはやっていませんか?ネットビジネス初心者の大半がやってしまう、2大マーケティングミスとは?

    ネットビジネスにはいろんな方法論が存在します。しかし、それら全てが同じ…

  2. マーケティング

    個人ビジネスを推奨する7つの理由

    THREEK TRiBでは人生を最高に楽しむための手段として、イン…

  3. ビジネスノウハウ

    ビジネスで成功するには、メディアを育てて強くする事に集中すべき理由

    ネットビジネスで稼ぐための方法は色々あります。アフィリエイトで…

  4. マーケティング

    売れるメルマガを作るための、初心者がまずやるべき3つの基本戦略

    メルマガで売れるかどうかの最大のポイントは「信頼感」です。信頼され…

  5. マーケティング

    メルマガは量より質の時代へ

    自分の実感としても、自分の周りの人の話からしても、最近は量から質へとど…

  6. マーケティング

    売れるメルマガを書くための7つの要素

    先日、本当に継続的に稼ぎたい人が使うべきメソッドの記事でも書き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

辻ともあきのつぶやき

最新の記事

オススメの記事

最近よく読まれている記事

  1. ビジネスノウハウ

    効果の高いスワイプファイルを手に入れる3つの方法
  2. コピーライティング

    あなたのコンテンツの価値を高める5つのテクニック
  3. ツール活用

    Bufferの使い方-登録~ログイン
  4. コンディション

    ネットビジネスで高い生産性を維持するためのメンテナンス法
  5. マインド・行動原則

    マニャーナの法則流、効率を上げる公式
PAGE TOP