マインド・行動原則

最も成功率の高い行動計画のつくりかた

基本的に、計画を立てるときはトップダウン方式でやるのが正解という風潮があります。

トップダウン方式というのは、自分の最終目標を最初に決めて、
そこから逆算していくようにしてやるべき事を決めていくやり方です。

自分が人生に何を求めているのかを明確にし、
そのためにはどういったことに取り組む必要があり、
それをクリアしていくためには具体的にどんなアクションが必要か細分化する。

そして今年やること、今月やること、今週やること、今日やること、
という風に行動計画を順に決めていく…といった具合です。

このやり方は確かに合理的です。

最初に大局的な目標を決めることで、
それにマッチしないものは排除し、
必要なことだけに注力できるという理屈です。

僕も昔はこれに基づいて色んな事を決めていましたが、
最近はトップダウン方式は実際には正解ではないな、と感じています。

なぜなら、トップダウン方式では一番最初に
人生全体の目標といった大きなテーマについて考える必要があるのですが、
今の状態から「人生の目的」のような最も大きく漠然としたテーマに対する
確定した答えを出すことは難しいケースが多いからです。

また、「最終目的を実現するためには何が必要か?」
ということに関しても、おおまかには分かることは多くても
今日やるレベルの具体的なタスクにまで落とし込むことは難しいケースも多いからです。

例えば最終的に目指しているところがレベル100だとすると、
レベル5とか6の状態でそこへ至る道筋を計画しようとしても
なかなか難しいわけです。

ですので、行動計画はトップダウン方式で決めるのは危険だというのが僕の持論です。

ではどうすればいいのかという話なのですが、
「ボトムアップ方式とトップダウン方式の両方を使う」
というのが僕の持論です。
(ボトムアップ方式とは、トップダウンとは全く逆で、
 今目の前にあるタスクを起点にして、物事をどうしていくか決めていく方法です。)

トップダウンでの行動計画は作りながらも、
それと同時にボトムアップ方式で今より少しだけ将来のことを計画していきます。

こうすることで
「現在→未来(ボトムアップ方式)」
「未来→現在(トップダウン方式)」
の2つの時間の向きでみた計画を作ることになります。

そして、この2つの行動計画を照らし合わせ、
矛盾が出たり破綻してしまわないように
行動計画を調整していきます。

こうする事で、今の自分が実行できる、
それでいて自分の望む未来へとつながる
リアルで実現確率の高い行動計画を作ることができます。

「未来→現在(トップダウン方式)」だけで
行動計画を作るとどうしてもただの絵空事になってしまいがちなので、
「現在→未来(ボトムアップ方式)」と組み合わせて計画を作っていくのがベターですね。






ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)