マーケティング

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングを使い分けて、弱点のないネットビジネスを作ろう

最近、インバウンドマーケティング / アウトバウンドマーケティングという言葉がちょくちょく出てくるようになりました。

ですが、これは一体なんなのか?そして、ネットビジネスにおいてインバウンドマーケティングやアウトバウンドマーケティングは重要なのかどうか?という部分についてはまだよくわからないという人も少なくないと思います。

そこで、今回はインバウンドマーケティングとはなんぞや、アウトバウンドマーケティングとはなんぞや、ということについて解説していこうと思います。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは何かというと、これは一言で端的に言うならプル型のマーケティング・セールスです。
プル型ですから、こちらから売り込むのではなく、見つけてもらうというニュアンスが近いです。

ネットビジネスでいうとブログとかWEBサイトとか、そういうのに該当しますね。

アウトバウンドマーケティングとは

上記でも軽く触れていますが、アウトバウンドマーケティングとはインバウンドマーケティングとは逆の、プッシュ型のマーケティング・セールスです。ニュアンスとしては、こちらから相手にアプローチをしていくという感じです。

ネットビジネスでいうと、メールマガジンがそれにあたります。LINE@なんかも、こちら側に該当しますね。

ネットビジネス、最近のマーケティングトレンド

これまでは相手に購入してもらうために相手を押すプッシュ型(アウトバウンド)が主流でしたが、今は相手から探してきてくれるというプル型マーケティング、つまりインバウンドマーケティングの重要性が高まっています。

では、なぜそのような変化が生じてきているかというと、現代の顧客はプッシュされる事を望んでいない、もしくは必要としていないからです。

昔と違ってどんな分野でも豊富な商品が存在し、様々な商品、様々な参考情報がそこらじゅうに転がっています。そのため、顧客はプッシュされずとも自分で判断ができるようになっています。

ですので、こちらがガシガシ攻めるというよりは、相手に「選ばれる」というのが今後は優先されるようになっていきます。

では、今後はインバウンドマーケティングが主役で、アウトバウンドマーケティングは必要ないのか?という疑問が当然の流れとして出てくると思います。

インバウンドとアウトバウンドはどちらが優れているか?

インバウンドが主流になってくると、
アウトバインドの手法はもう使えないのか?必要ないのか?

実は、この答えは明確にNOです。
なぜかというと、インバウンドだけでは購入に至らない層も非常に多いためです。

流れがインバウンドになってきているとは言え、すでにだいぶ欲しくなっているお客さんに対して最後の一押しをする事で売れたり、自分でなかなか判断できない人にこちらから積極的にアプローチをすることで発生する成果も非常に大きいものです。

ですから、アウトバウンドもアウトバウンドで、今後も重要な要素であり続るわけです。
ただ、アウトバウンドだけでは厳しくなっていくだろうというのが今後の流れです。

現在は他にいくらでも選択肢があるので、押せ押せドンドンで行って、少しでも嫌がられてしまうとすぐに他に行かれてしまうからですね。

そのため、インバウンドマーケティングで見つけてもらい、信頼性を築く。
そしてアウトバウンドで「相手に喜ばれる範囲内でプッシュする」というのが今後の基本戦略になっていきます。

ですので、「これからはインバウンドが流行るからアウトバウンドはもう時代遅れ!」
というのでなく、インバウンドとアウトバインドの両方を使い、お互いのメリットデメリットを補完し合うという考え方が重要になってきます。

今後はこれを念頭に置いた上でビジネスを構築していくのが重要ですね。






ABOUT ME
辻 ともあき
辻 ともあき
大阪のど真ん中で一人暮らししてます。 ブログとメルマガを使った情報発信ビジネスをしていて、普段は自宅やお気に入りのカフェでのんびり仕事をしています。 ビジネスも遊びも自分磨きも全部楽しむライフスタイルを推奨しており、このブログやコミュニティではそんなライフスタイルを実現できる、「短い時間でもしっかり稼げるビジネスの仕組み」の作り方についての情報を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)